YouTube視聴時、データ通信容量を節約する方法3選!!

お金の話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某鉄道会社で新幹線運転士をしている会社員です(@kesehu109

通勤・通学時に動画視聴や音楽、様々なエンタメを楽しめるYouTubeですが、やっぱりになるのが『データ通信量』ですよね!

ついつい見過ぎて、月のデータ使用容量をオーバーしてしまったり、使用容量を気にしながらセーブして使うのは、とてもストレスに感じます。。

なので、今回はYoutubeの『データ節約術』を3つご紹介します!






スポンサーリンク

YouTubeデータ節約術①:動画の画質を落とす

YouTubeの動画は自分で画質の設定が可能です

高画質で視聴する必要がない時や、BGMの代わりに聞くときは、動画の画質を落とすことをオススメします!

設定方法は非常に簡単です!

画面右上の『・・・』をタップして、『画質』→『詳細設定』より、視聴中の動画に設定出来る画質を選択出来ます





『p』(プログレッシブ)は動画の解像度のことを意味し、数字が大きければ大きいほど高画質で、低いと低画質になります





以上の方法は動画ごとの画質設定方法ですが、外出時のモバイル通信状態の時は『低画質』、自宅のWi-Fiなどに接続した時は『高画質』に自動で設定する事も出来ます!

YouTubeホーム画面右上の『アカウント』をタップ、『設定』→『動画の画質設定』より、モバイルネットワーク時、Wi-Fi接続時の画質を個別に設定可能です!





スポンサーリンク

YouTubeデータ節約術②:ミュート再生を『OFF』にする

YouTubeのホーム画面で動画を探している時、ミュート状態で動画が再生されている方は、要注意です!

この状態では、動画を再生していなくてもデータを消費してしまいます。。





特に必要性を感じなければ、OFFにすることをオススメします!

『アカウント』→『設定』→『フィードでミュート再生』から、『OFF』にするか『Wi-Fiのみ』に出来ます





YouTubeデータ節約術③:『オフライン』に動画を一時的に保存する

この方法をするには、『YouTube Premium(プレミアム)』に加入する必要があります!

『YouTube Premium(プレミアム)』は、月額1,180円で広告無しで動画視聴可能になったり、動画を一時的に(30日間)ダウンロードして保存するなど様々なサービスが受けられます

料金プランは、『通常プラン1,180円』『ファミリープラン1,780円』『学生プラン680円』の3種類から選択出来ます!

YouTube Premium加入はこちらからどうぞ!

加入すると動画がダウンロード出来ますので、見たい動画を予め保存しておけば、データ通信料を節約することが出来ます





保存した動画はYouTubeホーム画面『ライブラリー』→『オフライン』から視聴可能です

コメント

タイトルとURLをコピーしました