つみたてNISAとiDeCoを上限額まで投資した人が、次にやるべき運用とは?

お金の話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某大手鉄道会社で【新幹線運転士】として乗務している30代男性会社員です(@kesehu109

様々な書籍や金融系の動画などで、長期積み立てで分散投資が効く上、非課税で運用出来る『つみたてNISA』や『iDeCo』が推奨されています

基本的には、これらの制度を上限額いっぱいまで利用することをオススメします!

つみたてNISAが投資初心者にオススメ出来る理由3選!

『つみたてNISA』と『iDeCo』どちらから始めればいいか?

一方で、つみたてNISAとiDeCoを上限額まで投資した人で、こんな悩みがありませんか?

『上限額まで投資したけど、本当にこのままで良いのか?』

『つみたてNISAやiDeCoだけで老後資金が足りるのか?』

『他にも投資商品がたくさんあるけど、何から始めればいいか分からない。。』

そんな悩みを持っている方には、以下の運用がオススメです!

  • 現金を貯める
  • 暗号資産への投資
  • 米国高配当ETFへの投資
  • 日本高配当株への投資

私自身も、両方上限額まで投資し終えたタイミングで『ビットコイン』『米国高配当ETF』『日本高配当株投資』を始めました!

ビットコイン
米国ETF
日本株

他の投資を始めてみると、様々なメリットがありました!

  • 投資に関する知識のが増えた
  • 値上がり益や配当金が貰えるので、資産が爆発的に増加
  • ポートフォリオのバランスが良くなった

今回は、つみたてNISAとiDeCoを上限額まで投資した人が、次に始める運用方法を紹介します!

スポンサーリンク

現金を貯める

『現金を蓄えておく』ことも立派な投資方法の1つです!

現在、日本では、菅総理総裁選への不出馬をきっかけに日経平均が暴騰、アメリカでもコロナからの経済活動再開の動きから株価上昇の最中なので、なかなか投資しづらい局面だと思います

日経株価
日経平均株価

S &P500
S&P500

なので、株価が下がったタイミングで購入する為に、現金を多めに蓄えておくのも1つの投資手法だと思います!

しかし、投資機会損失のデメリットもあります

ですが、手元に現金があれば、急な病気や怪我での入院、身の回りの急な出費など、投資以外での家計の急な支出変化に対して、柔軟な対応が出来るメリットもあります

現金を貯める際は、ただ単に持っている銀行に預けるのではなく、『少しでも金利の高い銀行』に付けましょう!

個人的には普通預金金利0.2%という高金利な『あおぞら銀行がオススメです!

現金の預金は『あおぞら銀行』が高金利なのでオススメ!

あおぞら銀行

他の銀行であれば、預金残高や取引回数が一定の額や回数を超えないと、高い金利が適用されない場合が多いです。。

しかし、あおぞら銀行は、普通預金の金利が無条件で『0.2%(税引前)』が適用になります!

私自身も200万円を半年間預けたら、1,400円ほど利息を受けとることが出来ました!

あおぞら銀行預金
スポンサーリンク

暗号資産への投資

昨年末、新型コロナ流行をキッカケに、ビットコインをはじめとする『暗号資産』の価格が大暴騰しました!

私が2020年末に購入した『ビットコイン』がどうなったか?

ビットコインのチャート

コロナの影響以外にも、電気自動車メーカー『テスラ』がビットコインで自社の車を購入出来るようにする計画の発表

テスラの充電スタンド

アメリカの大企業がビットコインを購入したこと、Amazon内で仮想通貨が使用出来るウワサが影響して、価格上昇が続きました

ペイパルの支払い
amazon

しかし、その反面、中国国内での仮想通貨規制などビットコイにマイナス要因となるニュースが流れた途端、価格が大暴落するという『ボラティリティー(価格変動)』が大きいので、投資対象としては的確ではないと思われています

しかし、個人的には暗号資産への投資は必要だと考えています!

暗号資産への投資が必要な理由
  • アメリカ大手企業のビットコイン購入
  • ビットコインを活用した事業が始まっている
  • ビットコインを法定通貨として、認可している国が出てきた
  • 堅牢なブロックチェーン技術が使われている

以上を考えると、暗号通貨はこれから先も成長が見込まれる投資商品だと考えています

ですが、投資比率には注意が必要です!

何故なら暗号資産は『ボラティリティー』が大きい為、投資比率が大きいと自分の資産を大きく減らすことになります!

もし、暗号資産へ投資するのであれば、総資産の『1〜5%程度』にしておきましょう!

米国高配当ETF

みなさん一度は、『高配当株を購入して、配当金で夢の早期退職生活!』なんて夢見たことありますよね?

高配当株投資は、安定して配当金がもらえる安心感、元本も増えていくという魅力たっぷりの投資方法です!

米国経済状況が好調な事から、アメリカへの投資を検討されている方もいらっしゃると思います

ですが、自分で個別の銘柄を選定することは、投資初心者にとってハードルが高い。。

そんな方には『米国高配当ETF』が非常にオススメです!

ETF(上場投資信託)とは、証券取引所に上場している投資信託です

通常の投資信託とは異なり、株式のようにリアルタイムに取引が可能です

ETFの特徴やメリット
  • 少額から投資が出来る
  • 取引手数料などのコストが低い
  • 1つのETFで数十〜数百銘柄へ投資可能なので『分散投資』が出来る
  • 年4回の配当金があるので、投資に対するモチベーションが保てる

以上のことから、投資初心者にとってETFはオススメの投資商品と言えます!

さらに、アメリカは日本に比べて、配当利回りの良いETFが多い傾向にあります

有名な米国高配当ETF
  • 『バンガード・米国高配当ETF(VYM)』
  • 『iシェアーズ・米国高配当ETF(HDV)』
  • 『S &P500高配当ETF(SPYD)』

これらのETFを購入すれば、アメリカ市場全体丸ごと投資した事になる上、高い配当利回りも期待できます

ETFの購入はどこの証券会社でも可能ですが、個人的にオススメなのは『SBI証券』です!

取扱銘柄数が豊富で、買付手数料無料や各種手数料が安い上、『定期積立購入』は出来るので、投資初心者や忙しい方にオススメです!

SBI証券の米国ETF定期買付サービスで『米国高配当ETF投資』を始めました!

米国ETFの購入は『SBI証券』がオススメ!

日本高配当株投資

米国高配当ETF同様に、日本高配当株投資もオススメです!

日本の国旗

しかし、日本の場合、優秀な高配当ETFが存在しない為、高配当株を個別で購入して、自分オリジナルの高配当株パックを作る必要があります!

ですが、ネットに掲載している配当利回りランキング上位から単純に購入するだけではいけません!

何故なら、単純に配当利回りの高い銘柄は配当金が減る『減配』リスクの高い銘柄が多いからです

まず始めは、『大型の配当利回りの高い銘柄』から購入しましょう!

このような銘柄は財政内容が良く、景気悪化の影響を受けにくい、日本を代表するディフェンシブな銘柄と言えます

大型の高配当利回り参考銘柄
  • 三菱UFJファイナンシャルグループ(8306)
  • エネオスホールディングス(5020)
  • 武田薬品工業(4502)
  • 日本電信電話(9432)
  • KDDI(9433)

銘柄選定が慣れてきたら、値動きの大きいアクティブな『中小型成長株』をトッピングしていきましょう!

日本高配当株投資を始めるのであれば『SBIネオモバイル証券』がオススメです!

月間取引額50万円までなら、月額220円で取引し放題で、1株単位で購入出来るため数百〜数千円程度の少額からでも始められます!

SBIネオモバイル証券が『日本高配当株投資』に最適な理由2選!

まとめ

つみたてNISA、iDeCo以外に配当金などを貰える銘柄を持っていれば、最近話題の『FIRE』も充分可能になります

配当金を再投資すれば、自分の資産が爆発的に増加していくことを実感することが出来ます

つみたてNISAやiDeCoを上限まで投資した方は、今回紹介した投資方法を実践してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました