オススメキャンプグッズ【mont-bell「O.D.コンパクトドリッパー2 」】

キャンプの話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某大手鉄道会社で【新幹線運転士】として乗務している30代男性会社員です(@kesehu109

ソロキャンプにハマってから分かったのですが、キャンプで飲むコーヒーは格別です!

以前まではインスタントコーヒーでしたが、最近はコーヒーミルで豆を挽いて飲むようになりました

コーヒー

しかし、ペーパータイプのドリップにするとゴミが多くなったり、持ち物が増えてしまったりと何かとデメリットが多いです。。

何かいい商品がないか探していたところ、登山用品メーカーの『モンベル』から、『洗って何度も使えるドリッパー』が発売されていました!

コーヒーフィルター

価格も2,000円程度と比較的安く、しかも手のひらの中に収まるほどのサイズなので、ソロキャンプの際の持ち運びに最適です!

スポンサーリンク

モンベル(mont‐bell) O.D.コンパクトドリッパー2

コーヒーフィルター
収納時
商品名モンベル(mont‐bell) O.D.コンパクトドリッパー2
価格1,980円(モンベル公式ストア)
容量2〜4杯分
重量4g
素材フィルター部分:ポリエステルマイクロメッシュ
ワイヤー:超弾性合金

本体サイズは収納時、縦14cm×横7cm

収納時の大きさ
収納時の大きさ

展開時のサイズは、直径12.5cm×深さ9cm

展開時の大きさ
展開時の大きさ

コンパクトに畳めて、使用後も洗浄すれば繰り返し使えるので環境にも優しい商品です

特許技術の60μ(マイクロ)メートルの極小メッシュでドリップすることで、豆本来の旨みを感じることが出来ます

使い方は非常に簡単で、本体を展開して左右に付いているスリーブに箸や小枝を通して、コップにセットします

使い方

※コップは口径11cm以上のものを使用して下さい!

スポンサーリンク

使ってみた感想

触った感じではただのナイロン生地で、ちゃんとドリップ出来るか心配でした。。

しかし、実際使ってみるとしっかりとドリップ出来る上、豆の残りカスがフィルターを過ぎてコーヒーに入ることもありませんでした

ドリップ中

自作フィルタホルダーがベスト!

毎回小枝や箸を準備するのも面倒なので、100均の『セリア』にあったステンレスのボトル水切りを加工して、自作のフィルターホルダーを作ってみました

水切りステンレス
自作ホルダー
ドリップ中

mont-bellコンパクトドリッパー2のオススメポイント

  • 繰り返し使えてエコな上、長期的に見ればコスパも良い
  • 洗いやすい
  • コンパクトで軽い

紙のフィルターだと毎回ゴミが出てしまうが、コンパクトドリパーは洗って繰り返し使えるので、環境にも優しいです

しかも、キャンプだけでなく普段使いも出来るので、長期間使うことを考えると紙のフィルターを買うよりコスパもいいと思います

使用後はフィルターに豆の残りカスがフィルターに付着しづらく、水で簡単に洗浄できます

濡れたままだとカビが繁殖しますので、フィルターはしっかりと乾燥させてから収納袋に入れましょう

本体の収納には若干コツが入りますが、すぐに慣れると思います

重量はたったの4gで持ち運びしやすいので、キャンプ以外のシーンでも使用できます!

まとめ

今回は、『mont-bellのコンパクトドリッパー』を紹介しました!

軽量な上、手のひらに収まるほどのサイズなのでかさばることがありません

2,000円程度とキャンプ用品にしては、比較的お求めやすい価格だと思います

しかも、洗って繰り返し使えるので、ドリップペーパーを買う必要がなくなる為、エコで経済的です

他にも、定期的にキャンプ情報を配信していますので、参考にして頂けると嬉しいです!

キャンプの話
スポンサーリンク
『フォロー』と『シェア』よろしくお願いします!
ケセフのRandom note Blog

コメント