ポータブル電源は一家に一台!Jackeryポータブル電源700の使用感レビュー

買ってよかったモノの話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某鉄道会社で新幹線運転士をしている会社員です(@kesehu109

今の時期になると、台風やゲリラ豪雨が発生し、日本全国に甚大な被害を及ぼしている上に、被害の規模が年々大きくなっています

被災した時に備えて、生きていきく上で一番重要な水や食料、衣服、日用品などは備蓄されている方は多いと思いますが、意外とあると便利なのが『ポータブル電源』だと思います

今回は『Jackeryのポータブル電源』を購入したので、本体のスペックや活用方法など使用感をレビューしたいと思います!





スポンサーリンク

『Jackeryポータブル電源700』本体詳細と使用感レビュー

商品名Jackery ポータブル電源 700
購入時の価格79,800円
バッテリー容量192,000mAh/704.6Wh
重量6.3kg
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)約30cm×19cm×19cm
同梱品本体、車載用充電シガーソケット、ACアダプター、取扱説明書、収納ポーチ





6.3kgとズッシリと重いですが、上部に取手が付いているので持ち運びはしやすくなっています





本体の具体的な仕様は以下の通りです!

ACアダプター充電でする時に使用
本体充電時間:ACアダプターを使ったコンセント充電なら約11時間、車のシガーソケット約23時間
DC出力とシガーソケットで動く家電等に使用(12V、10A)
USB出力3口(5V、2.4A)
AC出力2口(100V、最大500W)





使用目安として、スマホ充電なら68回、タブレット充電19回、電気掛け毛布9時間半、32インチTV9時間と充分な容量があるのが魅力です!

購入の決め手となったのが、『本体充電容量が充分にある』ということでした

メーカーHPでは、キャンプや災害時の使用可能日数が2〜3日となって、一般的に被災した際、支援を受けられるまでに2〜3日程度かかることを考えると、Jackery ポータブル電源 700は充分な容量を備えていると思います

さらに、使用する機器がポータブル電源の出力上限値500wを超えた場合、自動で安全装置が働き電流を遮断して、本体の破損を防ぎます!

目安として、ドライヤーの冷風時は出力可能ですが、温風にするとすぐに電源が落ちてしましました

あとは、ヘアアイロンも使用できませんでした。。

また、電源を使用しているときは、使用機器の出力によっては電源本体のファンが動作するため、意外と大きな音がします。。





使用の際は、充電状況や出力状況がディスプレイに表示されるので、使用状況が確認しやすいです

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】





本体は正規Jackery販売店で購入した認定品であれば、購入日から24ヶ月の保証期間付きです

Jackery公式HP『保証、返品について』





使用目的に合わせて、電源容量を選択出来るよう商品のラインナップも充実しています

メーカーHPを確認したところ、ニューモデルが販売されていました

Jackery ポータブル電源 240

Jackery ポータブル電源 400

Jackery ポータブル電源1000

Jackery ポータブル電源 1500




スポンサーリンク

まとめ

最近の日本は気象の急変から、予期せぬ大災害に遭遇する機会が増えたので、『ポータブル電源』は一家に一台の時代になったと思います

自然災害などに被災しなくても、予想できない停電が発生した時でも使えますし、キャンプや日常でも充分に使えますので、これを機に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました