IgA腎症、ステロイドパルス療法が始まりました(3クール目)

IgA腎症の話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某鉄道会社で新幹線運転士をしている会社員です(@kesehu109

昨日、ステロイドパルス療法3クール目が終了しました

kesehu
kesehu

この記事を読んで、頂くと。。

ステロイドパルス療法とは何か?

療法後の体調、副作用について

が分かります!

現在治療中の方、療法による副作用が気になる方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

ステロイドパルス療法とは何か?

まずステロイドとは、副腎(両方の腎臓の上端にある臓器)から作られる、副腎皮質ホルモンの一種です

これを薬として使用することにより、体の中の炎症を抑えたり、免疫力抑制したりする作用があります

しかし、副作用も多いので注意が必要です

ステロイドパルス療法とは、ステロイド(ソル・メドロールやメチル・プレドニゾロン)500〜1000mgの点滴注射を3日間×3週間かけて行い、ステロイド内服療法を並行して行います

副作用について

以下の副作用は、治療する皆さん全員に認められるものではなく、疾患、薬の量、内服期間などにより様々ですので、気になる方は必ず主治医に相談しましょう!

  1. 易感感染(免疫力低下により、風邪やインフルにかかりやすくなる)
  2. 骨が脆くなる
  3. 糖尿病
  4. 消化性潰瘍
  5. 血栓症
  6. 精神症状
  7. ムーンフェイス(顔のむくみ)
  8. 肥満
  9. 動脈硬化、高脂血しょう
  10. 高血圧症
  11. 白内障
  12. 緑内障
  13. 副腎不全
  14. ステロイド痤瘡(ニキビ)
  15. 大腿骨頭壊死
スポンサーリンク

ステロイド点滴注射3クール目終了後、体調や副作用について

先週、ステロイド点滴注射の3クール目(3日間)が終了しましたので、点滴中の体調、副作用について、ご紹介します

点滴1日目

受付後、2クール目までの経過を見る為、検尿と血液検査をして、すぐにソル・メドロール500mg点滴注射を行いました

所要時間は1時間半かかり、点滴中の体調変化は一切ありませんでした(時間が掛かるので、暇つぶしグッズは必須です!)

点滴後は、少し頭がクラクラする感じがありましたが、5分ほどで落ち着きました

点滴2日目

翌日は、受付後に即点滴開始。初日と同じくソル・メドロール500mg

時間も1時間半かかりました

体調の変化、副作用無し

点滴3日目

受付後、すぐに点滴開始。同じくソル・メドロール500mg点滴注射

3日目は体調、副作用は無しでしたが、1、2クール目終了時と同じく、翌日早朝から昼くらいまで、軽い倦怠感と顔面が全体的に赤くなり、むくんでいる感じがしました

これからの治療の流れ

一旦、点滴による治療は終わりのようです

2ヶ月後に再び診察があるのでそれまでは、1日おきに朝食後『プレドニン5mg(ステロイド剤)』6錠の服用

毎朝、『ネキシウム20mg(胃酸分泌抑制)』1錠、『バクタ(抗生物質)』1錠の服用を続けます

主治医によると、ここから副作用により『むくみ』と『倦怠感』が出る可能性があるそうです

まとめ

毎回、三日目の点滴終了翌日は、倦怠感と顔のむくみが毎回出てくる傾向にあるようです

しかし、個人差はあると思いますので、参考までに。。

費用は、指定難病助成金適用の為、2割負担で点滴と薬で3日間合計6,500円でした

これから約1年かけて、点滴と内服による治療が続くので、助成金をしっかり利用して治療を続けていきたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました