【新社会人必見!】「つみたてNISA」の仕組み、メリットやデメリット、今すぐ始めるべき理由を徹底解説!

お金の話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某鉄道会社で新幹線運転士をしている会社員です(@kesehu109

先が見えない新型コロナの影響により、将来が不安になり若年層が投資に対して非常に興味を持っているそうです

実際、楽天証券、SBI証券などのネット証券口座開設数がここ一年で急激に増加しています

投資について調べると、「つみたてNISA」というフレーズをよく目にすると思います

しかし、初めての方は「つみたてNISA」の仕組みやメリット、デメリットについて分かりづらい点があると思いますので、その辺をわかりやすく徹底開設したいと思います

この記事を読むと次のことがわかります

  • つみたてNISAとは?
  • メリットやデメリット
  • こんな人は「つみたてNISA」がオススメ!
  • 「つみたてNISA」にオススメ証券口座
  • 初心者にオススメの銘柄



スポンサーリンク

『つみたてNISA』とは?

金融庁のホームページから引用すると。。

「つみたてNISA」とは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税の制度です

金融庁HPより

以前は、年間の非課税枠120万円までの『一般NISA』という制度がありました

しかし、運用商品(株式、債券、など)を自分で選択し運用し、運用期間も短期〜中期間で売買していく必要があったりと、投資初心者にとってハードルが高い制度でした

その点、2018年からスタートした『つみたてNISA』は、運用できる商品は『投資信託』に限られています

しかも、金融庁が厳正に審査した商品なので、運用等にかかるコストが低水準、長期間で積み立て、分散投資に適した投資信託に限定されているので、初心者でも安心して投資に参加することが可能です

利用できる人日本に住んでいる20歳以上の方
口座開設可能数1人1口座
非課税投資枠年間40万円が上限(20年間で800万円)
非課税期間最長20年
非課税となるもの投資信託から得られる分配金や譲渡益
対象投資商品条件を満たした投資信託、ETF
資産の引き出しいつでも可能
非課税枠の繰越×
一般NISAとの併用×
スポンサーリンク

『つみたてNISA』のメリット、デメリット

  • 運用益が非課税
  • 『複利』の効果を活かせる
  • 厳しい条件をクリアした安心の投資信託
  • 少額投資が可能
  • 長期間で積み立て運用するため、リスクを減らせる
  • ほったらかしに出来る

『つみたてNISA』は運用益が非課税であることが、最大のメリットと言えます!!

通常、運用益には約20%の税金がかかるため、100万円の利益があった場合、20万円が税金として引かれ、手元には80万円しか残りません

しかし、非課税であることで丸々、100万円が自分の手元に残ります

さらに、長期間運用出来る事は『複利』の効果を最大限に生かすことが出来ます

下の表は、年間40万円(毎月33,333円)を20年間、年間のリターンを4%と想定したときのシュミレーションです

年間40万円を20年間、現金で貯金した場合、800万円しか貯まりません

ですが、投資信託に投資するだけで『複利』のチカラによって、最終的に400万円以上利益を出す可能性があるのです



  • 短期間で大きなリターンは見込めない
  • 投資商品が限定されている
  • 一括購入が出来ない
  • 非課税枠が少ない

制度自体が長期間積み立てて運用することが大前提の投資信託にしか投資出来ないので、短期間で大きなリターンは見込めません

また、金融庁が厳選した投資信託のみしか取り扱いが無いので、株式など他の商品に投資することが出来ません

つみたてNISA対象商品一覧



こんな人は「つみたてNISA」がオススメ! 

  • 老後に向けての資産形成を考えている人
  • 自営業者
  • 20〜30代の若い世代でライフプランが決まって無い人

長期間運用し、複利の効果を最大限に発揮するためには、20〜30代の若いうちに投資を始める必要があります

私たち現役世代が公的年金を受け取ると時には『受給開始年齢の引き上げ』や『受給額の減少』といったことも十分に考えられるので、自分で作る年金として『投資』は必須になると思います

自営業者は『国民年金』と『国民年金基金』がありますが、老後資金としては心もとない状況だと思います

そこでプラスαとして『つみたてNISA』を活用すれば、老後資金をさらに強化することが出来ます



「つみたてNISA」にオススメ証券口座

いざ、『つみたてNISA』を始めようと思っても、証券会社は数え切れないほどあるのが現状です

なので、証券会社に迷っている方にオススメしたいのが『楽天証券』です!!

楽天証券を使うメリットは以下の通りです

  • 投資信託を楽天カード決済にすると、楽天ポイントが貯まる
  • 楽天銀行と連携させることで、普通預金金利が0.1%

投資信託を楽天カード決済することで、100円につき1ポイント付与されます

投資信託に毎月50,000円までの決済可能ですので、年間6,000円分のポイントを貰うことが出来ます

さらに、『楽天銀行』と連携、無料の『ハッピープログラム』へ申し込むことで、投資信託残高10万円ごとに毎月4ポイント付与されます

しかも、貯まった楽天ポイントを投資信託の購入に充てることも出来ます

□■□■[-年会費永年無料 楽天カード-]■□■□

『楽天銀行』と連携することで普通預金金利が0.1%になるだけではなく、ATM手数料無料などの様々なメリットがありますので、下の記事も合わせてご覧ください

『つみたてNISA』にオススメの銘柄

まず、投資信託を選ぶ際に必ず気をつけるべきポイントは『運用にかかるコスト』です!

つみたてNISAは購入時の手数料は無料です(ノーロードと言います)

ですが、投資信託を管理・運用するためのコストとして『信託報酬』という費用がかかります

銘柄選定の際は、年間0.1%以下の信託報酬の商品を選ぶようにしましょう



次に気をつけるべきポイントは『分散投資』です!

日本国内だけでなく、世界中の株式や債券、金、不動産など色々な商品に分散投資する必要があります



以上を踏まえて、以下の3つの銘柄がオススメです!

ファンド名信託報酬投資対象
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.0968%アメリカ
eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)0.114%全世界
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.154%株式、債券、不動産

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)はアメリカの有名指数S&P500の動きに連動するので、アメリカに丸ごと投資していることと同じことになります

また、S&P500指数は長期的に見て右肩あがりの傾向にありますので『つみたてNISA』に最適だと思います

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はアメリカ以外にも幅広い国に投資しているので、分散投資に最適です

より分散を効かせるのであれば、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)もオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました