【初心者必見】ボルダリングの始め方やメリット、上達のコツなどについて解説します!

運動の話
スポンサーリンク

 

初めまして!

某鉄道会社で新幹線運転士をしている会社員です(@kesehu109

今回の東京オリンピックから『スポーツクライミング』が初めて正式種目になり、日本人では女子の野中生萌選手が銀メダル、野口啓代選手が銅メダルを獲得したのが記憶に新しいと思います!

15mの壁を2人同時に登り、速さを競う『スピード』

JOCHPより

高さ4mの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う『ボルダリング』

JOCHPより

制限時間内に高さ15m以上の壁をどこの地点まで登れたかを競う『リード』

JOCHPより

数年前にスポーツクライミングがオリンピックの正式種目になってから、以前に比べてボルダリング施設を街中でよく見かけるようになりました

私自身も5、6年前から『ボルダリング』が趣味になっていて、多い時は週に3、4回通うくらいどハマりしていましたw

なので、今回は経験者視点で『ボルダリングの始め方』『ボルダリングを始めるメリット』『上達のコツ』『オススメボルダリング施設』についてご紹介したいと思います!





スポンサーリンク

『ボルダリングの始め方』

以前に比べて、日本全国にボルダリング施設(以降はジムと省略しますm(_ _)m)が増えたのでお住まいの住所、お勤め先付近で検索すれば比較的探しやすいと思います!

来店する際は『上下動きやすい運動着』『タオル等』『薄手の靴下』を持参したほうがいいです

ボルダリングは意外とハードなスポーツで、汗も結構かきますし、滑り止めの『チョーク』で服が白くなりやすいです

また、つま先の尖った普段履く靴より小さめの専用シューズを履いて登りますので、薄手の靴下を持参しておけば、衛生的な上、足の皮の保護にもなるのでオススメです!





『初期費用』はいくら?

次に何かと気になる『初期費用』について解説します!

一般的にかかる初期費用は主に以下の3つです!

  • 初回登録料
  • 施設利用料
  • シューズなどのレンタル料

『初回登録料』とは利用先のジムを初めて利用する際、会員証発行当の手数料みたいなもので、概ね1,000〜1,500円前後かかる店舗が一般的です

稀に『初回登録料が無料』のところもあります!

同時に、施設を使うにあたっての同意書、事故や怪我をした場合の緊急連絡先等を記入する必要があります

一度払ってしまえば、次回再び同じ店舗を利用する際は『初回登録料』はもちろん不要です

また、系列店舗を持っているようなジムでは、発行した会員証などを提示すれば他の系列店を初めて利用する場合でも『初回登録料』が不要になるところが多いです





施設利用料は、店舗によって時間や料金設定は異なりますが、『120分=1,500円程度』『一日利用=2,000円』くらいが相場だと思います

店舗によっては、レディースDAYや団体割引など実施しているところもありますので、複数人で行くとお得になる場合があります!

初めてボルダリングジムに行かれるのであれば、始めは『60〜90分設定』での利用をオススメします!

なぜかというと、初心者の方は腕力のみで登りがちで、30分程度で腕がパンパンになります!

さらに、壁についた突起物(ホールドと言います)の表面がヤスリのようにザラザラしているので、何度か登っていると手の表面がヒリヒリしますし、ひどい場合だと手の皮がめくれることもあります!

ゴライアスクライミングホールドより

結果、初回でイヤになってしまう方を見てきました。。

ですから、初めての方は無理せず、物足りないくらの時間で利用することをオススメします!

どーしても物足りない場合は、店舗によって延長料金のプランもありますので、上手く活用するといいと思います!





ボルダリングは『クライミングシューズ』と『チョーク』を使って行います!

レンタル料は『シューズが約500円』『チョークが約200円』が相場になっています





チョークは『炭酸マグネシウム』できた白い粉状のものです

炭酸マグネシウムは吸水性に大変優れているため、手から出る汗を吸水してくれるので、ホールドを掴んだ際に手汗で滑って落下するのを防いでくれます!

粉末状の他にも、炭酸マグネシウムをアルコールに溶かした『液体チョーク』や、ブロック状に固めた『ブロックチョーク』などがあります





クライミングシューズは、普通の靴とは形状が異なり、先端がとても細くなっています

先端が細くなっているおかげで、小さなホールドにも足を乗せやすい上、足裏に力が入りやすくなり、不安定なホールドの上でもバランスを崩す事なく登ることが出来ます!

なので、レンタルシューズは普段の靴より1cm程度小さいサイズを選ぶと良いと思います

ちなみに、途中でサイズ変更は『無料』で行えますので、ご安心ください!

スポンサーリンク

ボルダリングを始めるメリット

経験者の視点から、ボルダリングを始めると以下のメリットがあります!

  • 遊びながらカラダを鍛えることが出来るので、ダイエットに最適
  • 様々な人と知り合いになれる
  • ボルダリング中心の生活になり、毎日充実感がある
  • 達成感を味わえる
  • ひとりでも楽しめる
  • 『外岩』や『リード』などまだまだ楽しめる要素がある
  • 集中力向上、問題解決能力が身に付く

最大のメリットは、楽しみながらカラダを鍛えることが出来ることです!

ボルダリングを1時間行うと、ラーメン一杯分の300〜500kcal近く消費します!

さらに、全身をまんべんなく使う競技ですので、男性は筋力がUPし細マッチョ体型、女性はしなやかで引き締まった体型が期待出来ます

私自身も以前は90kg以上ありましたが、ボルダリングに夢中になっていると、いつの間にか以前に比べて引き締まった体型になっていました!

カラダが目に見えて変化していくので、減量のために食生活を見直したり、疲れを取るために早寝早起きになったりと生活習慣が見直され、毎日が充実した気分になれます!





ボルダリングは設定されたコース(課題と言います)を、どんな動きで登って行くかをあらかじめ登る前にイメージ(オブザベーション)してから登ります

オブザベーション中は自然と集中しますし、登る量が増えていくと課題に対する問題解決能力が向上していき、普段の生活にも活かすことが出来ます!





ジムに通っているうちに、知り合いが増えることが多いです!

大人になると狭いコミュニティーで生活しがちになりますが、ボルダリングを通して様々な人と交流することが可能です

知り合い同士で他のジムに遠征に行ったり、飲み会をしたりと楽しみが増えます

男女の出会いの場にもなるかも。。





上達していくと課題によっては、中々クリアすることが出来なくなっていきます。。

ですが、トレーニングや減量をして、なんとか課題をクリア出来た時は何とも言えない『達成感』を味わうことが出来ます!

他にも、様々なコンセプトの課題をクリアしていくことで、普段は味わえ無い達成感を味わうことも出来ます!





ボルダリングを続けていると、クライミングの世界にも様々な種類がある事が分かりました

自然の岩を登る『外岩』や、ロープや様々な道具を駆使して10m以上の壁を登っていく『リード』

など、クライミングの世界の奥深さが分かります





ボルダリング上達のコツ

始めてすぐは、30分くらいで腕がパンパンになって登れなくなると思います。。

通っていても、そんな感じの状態が数回続き全然登れないと思いますが、始めてから2〜3週間経つと登れなかった課題が簡単に登れる時が必ず来ます!

ありきたりな答えになってしまいますが、コツコツ続ける事が上達への近道だと思います!

中級くらいまでは、専門的なトレーニングは必要ありません!

ですが、上級者を目指そうと思えば、ぶら下がって指の力を鍛える『キャンパスボード』『体幹トレーニング』『ストレッチ』など課題に対して自分が足りていない部分に対して、専門的なトレーニングが必要になってきます

Metolius(メトリウス) ロックリングス 3D ME14007 ブラック/ホワイトスウィル

世界一効く体幹トレーニング





オススメのボルダリングジム

最後にオススメのボルダリングジムをいくつかご紹介します!





クライミングジム『アドスムム』新京極店、西大路店

京都最大のボルダリングジムで、京都市内にあるのでアクセスも良く、学校や会社帰りに最適です!

西大路店は明るく広々とした店内で、初心者から上級者まで楽しめる課題が豊富にあります

新京極店は京都市内のど真ん中にあるため、学校や仕事帰りに最適です

クライミングジム『アドスムム』




グッぼるボルダリングCafe

『カフェ』と『ボルダリングジム』が併設した珍しいジムです!

カフェはフードやコーヒーにこだわっているので、食事だけでも楽しめるレベルでした

グッぼるボルダリングcafe





ジムは広々としていて清潔感があり、様々な課題がありました!

グッぼるボルダリングcafe

さらに、他店ではあまり見られない様々なトレーニング器具があるので、専門的な知識をもった店員さんからのアドバイスを聞けるので、伸び悩んでいるクライマーやは一度訪れると良いと思います!

グッぼるボルダリングCafe

コメント

タイトルとURLをコピーしました