とっておきの読書術、教えます!

本の話
スポンサーリンク

初めまして!

某鉄道会社で新幹線運転士をしている会社員です

今回は、最近実践している、我流の読書法についてご紹介します

「仕事が忙しくて、読書の時間が取れない!」

「読んだ内容を覚えていない」

などお悩みの方、必見です!!

元々、本を読むことが全然好きでなかった私でも実践できましたので、興味ある方は是非参考にしてください!

スポンサーリンク

とっておきの読書法!

結論から申しますと、以下の手順を実施して頂くだけで大丈夫です!

  1. YouTubeで本の紹介動画を視聴
  2. 自分で読む
  3. 動画を見返す

それでは、各項目の具体的な方法を説明します

1.YouTubeで本の紹介動画視聴

最近、Youtubeでは書籍の要点を上手く押さえた紹介チャンネルが、多数存在します

私のオススメで有名なところでは、『中田敦彦のYouTube大学』、『サラタメさん』などですが、検索すればたくさん表示されます

どの動画も基本的に、アニメーションを使って分かりやすくなっているのはもちろん、その本が伝えたい要点を、大体20分程度の動画で簡潔に、まとまっているのが特徴です

通勤、通学途中でラジオ感覚で聴くことも出来ます

あらかじめ要点をおさえて説明してくれるので、その本の全体像を簡単につかむことが出来、わざわざ本屋に行って試し読みする必要もないので、時間の節約にもなります

また、意気込んで購入して読み進めていくと、思っていた感じと違い、やめてしまうということもなくなります

2.自分で読む

もし、動画視聴で気になった本があれば、購入して読んでみましょう

あらかじめ、予習しているので、普段よりは内容の理解スピードに驚くことが出来ます

また、自分で読んでいく事で、実際に読んだ内容と解説内容、自分の見解との比較により、深く理解することが可能になり、読んだ内容を頭にしっかり、残すことが出来ます

本を読むのが苦手な方や、時間に制約のある方は、動画で解説されていなかったところは、思い切って読み飛ばすことをオススメします!

最低限の内容は動画にて解説を聞いていますし、何より時間も勿体無いです

読書習慣がない方はつい。。

「せっかく買ったからもったいないし」

「隅から隅まで読まないと理解できないのでは?」

と思いがちですが、それは違います!

それでは、読み切ることが目的となり、内容を理解することの邪魔になってしまいます!

しかも、嫌々読んでも内容が頭に入りませんし、仮に全部読めたとしても読書が嫌になり、習慣化させることが難しくなります

大切なのは、『読み切ることで得られる満足感では無く、理解し自分に生かす』ことです

3.動画を見返す

最後に、もう一度動画を見返してみましょう

なぜかというと、実際自分で読んだ中で得た見解ともう一度比較する事で、最初に観たときと違う目線で、観ることが出来るからです

これにより、新たな発見をすることが出来るかもしれません

スポンサーリンク

まとめ

この方法でやれば、事実上、内容を3回読んだ事と同じ効果があるのではないでしょうか?

私はここ数ヶ月、これらを実践したお陰で、以前に比べ読書による理解度、読書量格段に増したと思います

読書時間が確保出来ない、読んだ内容をすぐ忘れてしまうという方は、実践してみたはいかがでしょうか?

当ブログで、私のオススメの本も紹介してますので、是非ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました