「悪い円安」で今すぐやるべき、対処法3選!

お金の話
スポンサーリンク

初めまして!

某大手鉄道会社で【新幹線運転士】として乗務している30代男性会社員です(@kesehu109

日本以外の先進国では『コロナとの共存』に方針転換し、経済活動を再開してきています

アメリカ経済では経済活動再開により景気が回復し、インフレを抑え込むために金融引き締め(利上げ)へと政策を転換することとなりました

一方、日本では金融政策を決める会合で、金融緩和(利下げ、ゼロ金利継続)を引き続き維持させると決定しました

この状況を簡単に説明すると、ドルを持っている方が金利を多くもらえて『お得!』ですが、円を持っていても金利がほとんどもらえず『損!』と言う状況になっています

これによって、金利の高いドルを欲しがる人が増えて多く買われ、金利の安い円が不要で売れらたことで、ドルの価値が高く、円の価値が下がる『ドル高円安状態』になっています!

メディアでも『悪い円安』として連日取り上げられ、日常生活にも『値上げ』という形で影響がではじめています。。

今回は、『悪い円安状況で私たちが、今すぐやるべき対処法3選』のついて解説します!

スポンサーリンク

円安のメリット・デメリット

まずは、円安のメリット・デメリットについて整理しましょう!

メリット
  • ドル建て資産を保有している人は資産が増加

つみたてNISAで「米国のS&P500や全世界を対象に投資する投資信託」「米国高配当ETF(SPYD,HDV,VYMなど)」を購入している人は、円安になることで資産が増えていると思います

私も2年ほど前から『つみたてNISA』『米国高配当ETF投資』を始め、最近の資産の増加に驚いています!

つみたてNISA、運用開始から2年経過!運用成績はいくら?

米国高配当ETF、運用開始から2年経過!運用成績はいくら?

デメリット
  • 輸入商品の価格増加
  • 海外旅行の費用増加
  • 海外資産の購入コスト増加

日本の食料品や日用品などの多くは『輸入商品』なので価格が上昇、併せて電気料金やガソリン価格なども値段が上がりし、支出が増えることで家計を圧迫してしまいます。。

世界的に『ウィズコロナ』の流れと、コロナの収束が影響して、各国での隔離制限が緩和され、今年から海外旅行の需要が増加が予想されます!

ですが嬉しい反面、円安だと現地での両替、買い物の際に以前よりも多くのコストがかかることになります。。

同様に、米国株、ETFなどの海外資産を購入する際も、コストが多くかかります。。

例えば円でドルを買う時に、今まで『100円で1ドル』を買えていたのが、円安が進むと『120円を出さないと1ドル』が買えなくなります

スポンサーリンク

『悪い円安』で今すぐとるべき、対処法3選!

それでは、悪い円安の状況で私たちはどのような対処を取り、乗り切らなければいけないのでしょうか?

投資を始める

『投資を始めよう!』言うと一定数ですが。。

『銀行への貯金のほうが安全で安心、だから投資はしない!』

といった声をよく耳にします!

しかし、『銀行への貯金』という行為は『日本円という資産』を持っている、すなわち『日本へ投資している状況』とも言い換えることが出来るので、少なからず皆さんは既に『投資』を始めていると言っても過言ではありません!

投資には『タマゴを一つのカゴに盛るな!』という有名な格言があります!

これは、『タマゴを一つのカゴに盛るとカゴを落とした際、全部割れてしまうが、複数のカゴにタマゴを分けることで、一つのカゴを落としても他のタマゴは影響を受けずに済む』という投資を始める上で非常に重要な『分散投資』の教えを示した格言です!

つまり、銀行への貯金というのは、一つのカゴに日本円という資産(タマゴ)を100%投資している状態』なのです!

なので、円安状況(円の価値が低い状態)だと資産が日々、目減りしていってしまいます。。

この対処法として、米国株や海外資産など『日本以外の資産割合』を増やすことです!

その際、つみたてNISAなど『非課税制度』を併せて使うことで、資産を爆発的に増加してくれます!

楽天銀行SBI証券などのネット証券で証券口座を開設

②手数料に安い(0.1%程度)の『全米or全世界』が投資対象の『投資信託』を購入

より詳しく知りたい方は過去記事を参考にしてみてください!

つみたてNISAの仕組み、メリット・デメリット、今すぐ始めるべき理由を解説!

支出の見直しを徹底する

『投資をはじめよう!』としても、スマホ代や光熱費、家賃や食費などが掛かってしまい、投資資金すらも捻出出来なくてお悩みの方もいると思います。。

その場合、まずは『固定費の見直し』から始めてみましょう!

スマホのキャリアを『格安SIMに変更』、補償内容が被っていたり、過度な補償がついている『無駄な保険を解約』、ふるさと納税を活用して『食費を節約』など、支出を見直すだけで、月数千〜数万円の支出カットはそこまで難しいことではありません!

固定費削減!通信費1500円台のオススメ格安SIMプラン4選!

がん保険の見直し方法を解説!

ふるさと納税を活用して『コストコ会員』になる方法を徹底解説!

Youtubeで金融関係動画で学習

上記の内容や、金融などについてより詳しく知りたい方は、Youtubeで金融系の動画を配信しているチャンネル登録者数約200万人の『両学長 リベラルアーツ大学』がオススメです!

お金を通して、今より豊かな生活を送るためのノウハウが詰め込まれた、非常に優良な情報が日々配信されています!

書籍も出版されているので、動画の内容をより深く理解するに有効です!

お金の話
スポンサーリンク
『フォロー』と『シェア』よろしくお願いします!
ケセフのRandom note Blog

コメント