2022年4月から成年年齢が【18歳】に引き下げ!『変化すること』や『注意点』、『今から身に付けておくべきこと』について解説!

お金の話
スポンサーリンク

初めまして!

某大手鉄道会社で【新幹線運転士】として乗務している30代男性会社員です(@kesehu109

明治時代から現代まで約140年間、成年年齢は20歳のままでしたが、2022年4月より民法改正により成年年齢が『18歳』に引き下げられます

若い世代に政治に参加してもらいたい目的で、2016年に憲法改正国民投票の投票権年齢が18歳に引き下げられ、今回の成年年齢引き下げもこの流れを汲んで『若者の決定権の尊重、積極的な社会参加の促進』が目的だと考えられます

ですが、成年年齢引き下げによって普段の生活にどのような変化があると思いますか?

今回の改正内容をしっかり把握していないと思わぬトラブルに遭遇することもあります。。


なので、今回は『成年年齢引き下げによる変化』や『注意点』『未成年のうちに身に付けておくべきこと』について解説します!

スポンサーリンク

そもそも『成年』とは?

皆さんは、『未成年→成年』になることで、何が変わるかご存知でしょうか?

現行の民法では『成年・未成年』は以下のように定義されています!

  • 20歳をもって成年とする(20歳未満は未成年)
  • 未成年者は、法律行為(契約など)を行う場合、法定代理人(両親やそれに代わる人)の同意を得なければいけない

つまり、『20歳になると親などの同意を得なくても、自分の意志で契約行為が可能になる』ということです!

具体的には『携帯電話や賃貸住宅の契約、クレジットカード作成、高額商品購入時にローンを組む』といったことが、親などの同意無しで可能になります

また、日本以外の国でも多少ばらつきがありますが、各国で18歳に成年年齢の引き下げが行われています

世界の成人年齢

スポンサーリンク

現在、未成年の方が『成人になる年齢』

現在、未成年の方が新成人となる日は『生年月日』によって若干異なります

生年月日新成人になる日成年年齢
2002年4月以前に生まれた20歳の誕生日20歳
2002年4月2日〜2003年4月1日生まれ2022年4月1日19歳
2003年4月2日〜2004年4月1日生まれ2022年4月1日18歳
2004年4月2日以降生まれ18歳の誕生日18歳

成年年齢が18歳によって変わること

2022年3月31日まで2022年4月1日から
・携帯電話や賃貸住宅の契約
・クレジットカード作成
・高額商品購入時にローンを組む
20歳未満は親などの
同意が必要
18歳以上であれば、
同意なく契約可能
公認会計士や司法書士などの
国家資格取得のための年齢条件
20歳以上18歳以上
裁判員制度に選出される年齢条件20歳以上18歳以上
パスポートの取得20歳未満は5年有効期限の
パスポートのみ
18歳以上なら10年有効期限の
パスポート取得可能
結婚男性:18歳以上
女性:16歳以上
男女とも18歳以上
飲酒、喫煙、公営ギャンブル20歳以上※現行と同様に『20歳以上』

成年年齢見直しにより、国家資格取得のための年齢制限や裁判員制度の選出条件など、個人の進路や自己決定権を尊重するような事柄は『18歳』に引き下げられます

ですが、飲酒や喫煙、公営ギャンブルは『依存するリスク』の観点から、従来通り『20歳以上』のままになっています

引き下げによって思わぬトラブルも。。『契約』には特に注意!

成年年齢引き下げにより、親の同意なくさまざまな契約が可能になったり、個人の意思が尊重されるメリットがあります

ですが、契約行為には同時に『責任』が生じます!

十分な知識の無いまま契約することで、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があることも認識しておかなければいけません!

契約

現行の民法では、未成年が親の同意なく行なった契約は、民法の『未成年取消権』によって契約を無効にすることが可能です

しかし、2022年4月1日から18歳以上の行なった契約は『未成年取消権』が適用されなくなるので、契約の取り消しが出来なくなります。。

民法上は成人となりますが、社会経験はまだ未熟なことが多いため、悪質業者から狙い撃ちされる可能性があります

未成年のうちに『お金に関する知識』をつけておく

これらのトラブルに遭遇しないためにも、未成年のうちに『お金に関する知識』をつけておく必要があります!

学習指導要領の改訂で、2022年4月から高等学校から金融に関する教育が盛り込まれます

実施される内容は『家計管理の方法』『金融商品の種類』『保険』『クレジットカード・ローンの仕組み』などについて学習します

さらに詳しい内容については、テキストや動画が金融庁のHPから確認することが出来ます!

『金融庁』中学・高校生向け金融ガイド

金融ガイド

さらに、学校で学ぶ金融知識についてより具体的な内容を学びたいのであれば、オススメなのがYoutubeの『両学長 リベラルアーツ大学』、または同チャンネルから発売されている書籍『お金の大学』です!

このチャンネルでは、お金に困らないための『5つの力』について、実践方法も併せて分かりやすく解説しています

さらに、分からない内容があれば、書籍とYoutubeがリンクしているので関係する動画を(『両学長 リベラルアーツ大学』)をあわせて使うことで、より理解を深めることが可能です!

個人的には、金融に関する知識を学ぶには最適なコンテンツだと思います!

まとめ

今回は『成年年齢引き下げによる変化』や『注意点』『未成年のうちに身に付けておくべきこと』について解説しました

成人年齢が18歳になることでメリットもある反面、責任が発生するため正しい知識を身に付けておかなければ、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります

そうならないためにも、未成年のうちから『金融に関する知識』を身に付け、社会に出る準備が重要になります

お金の話
スポンサーリンク
『フォロー』と『シェア』よろしくお願いします!
ケセフのRandom note Blog

コメント